士業に相談する

ジャッジガベル

返済が苦しくなった場合

借金が膨らんだ場合には返済する為に借りるの繰りかえしを行い、さらに返済できなくなる自転車操業に陥ります。このような状況になればすぐにでも弁護士や司法書士の士業に相談する事が大切です。弁護士等の士業は借金問題を専門に扱っており、相談すれば解決策を提示してもらえます。弁護士等の士業が提示する解決策としては任意整理と呼ばれ、大きく3つあります。1つは自己破産です。これは住宅や自動車等も手放す必要がありますが、自転車操業の繰りかえしで返済の見通しが立たない場合等に、裁判所に申し出て認められる必要があります。認められれば返済義務はなくなるのでいわゆる借金が棒引きされる事になります。裁判所への申し立てや自己破産の方法等については弁護士が専門家であるので、依頼をする必要があります。2つ目は自動車や住宅を手放さず、借金を減額してでも返済する方法で個人再生と呼ばれます。個人再生は3年程度で返済するものですが、同じく弁護士等から裁判所に申し立てをして認められる必要があります。3つ目は金融業者と直接交渉をし、利息の減免等や返済期間を延ばす交渉をするもので、債務整理と呼ばれます。これも素人では業者との交渉は難しい事から、弁護士等の士業である専門家に依頼をします。専門家は今までの経験や知識等から適切な返済期間や返済金を導き出す事が出来ます。このように借金問題については素人では行えない方法が多数あるので、この点において士業に依頼するメリットは高いといえます。

Copyright© 2018 借金の賢い解決方法【手続きの多くの部分を弁護士に任せられる】 All Rights Reserved.